結納水引リメイクパネルの事例(MR_17)を追加しました。

本日、結納水引リメイク品の製作事例を追加致しました。

飾られる空間のイメージに合わせて、ベース部分はブラウンとベージュのツートンカラーに。デザインには横に走るラインが盛りあがっており、平面になりがちな和紙に変化が生まれています。日中の自然光ではシャープに、夜間は照明で暖かみのある印象と、様々な表情を見せてくれるリメイク品に仕上がりました。
下記リンクより、どうぞご覧ください。

結納水引飾りリメイク(東京都N様)1
水引リメイクパネル製作事例17(MR_17)
■寸法:W700mm×H200mm×T19mm
■仕様:漆染め楮紙、生成り楮紙、本金、樹脂デザイン、水引マグネット取付タイプ
※壁面に縦横どちらでも設置可能

結納水引リメイクパネルの事例(MR_16)を追加しました。

本日、結納水引リメイク品の製作事例を追加致しました。

藤の花を連想させる美しい紫色の結納水引リメイクパネルには、末永くお使い頂ける様に耐光性のある染料で染色を行いました。下記リンクより、どうぞご覧ください。

結納水引飾りリメイクパネル(大阪府U様)2
水引リメイクパネル製作事例16(MR_16)
■寸法:W650mm×H170mm×T19mm、角タイプ/W170mm×H170mm×T19mm 3点
■仕様:墨染め楮紙、本金、樹脂デザイン、顔料グラデーション染め、水引マグネット取付タイプ
※壁面に縦横どちらでも設置可能

和紙のQ&A:和紙同士の接着で、シワやベコベコにならずきれいに、かつ強力に接着できるものを探しています。

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

手漉き和紙

 

和紙の厚さや種類、使用する接着剤によって変わるため、一概には言えませんが、簡易的であれば「スプレー糊」、最も安心なのは「障子糊(でんぷん系接着剤)」がよいです。素材については、和紙に似せた洋紙も出回っているので、使用する前に確認が必要です。

 

よく聞かれるボンドについては、見えない部分や厚手の和紙(塗っても裏面から染み出てこない厚さがあるもの)であれば問題ありません。

ただし、光沢が出て和紙の質感を損ねてしまったり、熱を発するランプシェード等に使用すると、縮みや変形の原因となり不向きです。もしランプシェードに使用する場合には、熱を逃すような作りにして、本体の和紙部分にも十分な厚さのものを使用すれば歪みにくくなります。

 

~接着剤の種類と特徴について~

 

和紙が波打ってしまう原因は「水分」です。
和紙は水分を吸収すると膨張し、乾くと縮まろうとします。

 

使用する和紙や接着剤の種類(含まれる水分量など)によって、波打ち度合は変わります。

下記に一般的な4つの接着剤「スプレー糊・障子糊・スティック糊・ボンド」を使用する際の利点と欠点をまとめました。

 

■スプレー糊

 

利点:

広範囲を塗布することが出来る。
商品の種類によって接着力の強度を選ぶことが出来る。

欠点:

細かな部分の接着が不向き。
経年により変色する可能性があり、貼り換えなども出来ない。

貼り直し:

△(糊の種類によっては、可能なものもある)

 

 

■障子糊(でんぷん系接着剤)

 

利点:

濃度を調整することで、様々な用途に使える。
水を与えることで、貼り換えなども可能。

欠点:

乾くまで接着力が今一つ。
濃度を水で調整できる反面、糊作りが大変。

貼り直し:

◎(霧吹きなどで水を与えることで剥がせる)

 

 

■スティック糊

 

利点:

水分量が少ないため、ベコベコになりにくい。

欠点:

乾くまでの接着力が今一つ。
広範囲を行う場合の作業性が悪い。

貼り直し:

×(一度乾いてしまうと剥がせない)

 

 

■ボンド

 

利点:

厚手や凹凸のある和紙でも強力に接着することが可能。

欠点:

透明感が出て素材の良さが損なわれる。
熱源のある場所に使用すると変形する可能性がある。
粘度が高く乾燥も比較的早いため、広範囲に塗布する際には水や薄めた障子糊などを希釈する必要がある。

貼り直し:

×(一度乾いてしまうと剥がせない)

 

 

弊社では、でんぷん糊を主に使用していますが、作る物によってはボンドや混合糊(ボンドとでんぷん糊を混ぜたもの)を使うこともあります。

はじめて行う場合、まずは失敗してもよい和紙と、身近にある糊で試してみてください。失敗を恐れずおこなうことが良い経験になり、応用の仕方が学べます。ぜひ和紙と会話しながら、より良い方法を見つけて下さいね。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、弊社の創作和紙が使用されました。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で使用された創作和紙

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、弊社の創作デザイン和紙が使われました。

放送回は既にすぎておりますが、第28話の「死の帳面」の帳面表紙部分です。※29話、30話にも少し映っています。

■番組名 大河ドラマ「おんな城主 直虎」
■放送局 NHK 総合
■放送日 毎週日曜日放送中
■時間 20:00~

 

※創作和紙とは、国産和紙に染色や加飾を加えたオリジナル和紙の総称です。
全て自社にて企画・制作を行うこれらの創作和紙は、シンプルなものから独自の加工法による技術・デザイン性の高いものまで全て人の手によって一つ一つ心を込めて制作しています。

和紙のQ&A:和紙にも縦目横目はありますか?

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

流し漉き(ながしずき)

 

和紙にも紙の目(縦目横目)は存在します。
縦目横目が出来る理由は洋紙と同じく、繊維が製造の過程で一定の方向に揃うためです。
手漉き和紙には「流し漉き」と「溜め漉き」という製法があり、紙の目は「流し漉きのみ」現れます。

 

【流し漉き(ながしずき)】

漉き舟に入れた和紙の紙料液を簀桁(すけた)ですくって、縦横に動かし繊維を絡み合わせながら漉く方法。その際、余分な紙料液を簀桁の前面に勢いよく漉き舟に戻します。これを繰り返すことで、繊維が簀桁の縦方向に並び「紙の目」が出来ます。

繊維の絡まりが強く、使用する原料によっては薄くても強度のある紙を漉けます。均一でムラがなく、溜め漉きよりも枚数を漉けますが、技術を必要とする漉き方です。

 

【溜め漉き(ためずき)】

漉き舟に入れた和紙の紙料液を簀桁(すけた)の上に溜め、水分を自然と抜いて漉く方法。繊維の絡まりが弱いので、強度のある和紙や薄い和紙には向いていませんが、厚い和紙をつくるのに適した製法です。

和紙のQ&A:和紙の「裏表と見分け方」について教えて下さい。

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

和紙の裏表と見分け方

 

【和紙の裏表はなぜできる?】

和紙を触ってみると、手触りの違いに気付きます。
通常、つるつるしている方が「表」、ざらざらしている方が「裏」になります。

この違いは和紙を乾燥する際に現れます。
手漉きの場合は、干し板に張り付け天日で乾かしたり、蒸気を用いた金属板に張り付けて乾かします。
干し板や金属板に接している面が平滑(表面)になり、反対側が裏面になります。
※余談ですが干し板で天日乾燥して仕上げた和紙は、うっすらと木目が見て取れます。

機械漉きの場合は、ヤンキードライヤーという面白い名前の円筒型乾燥機で乾かします。
こちらも金属面に接している面が平滑(表面)になります。

 

【見分け方について】

いつくか方法がありますが、最も分かりやすい2種類をご紹介致します。

■手触り
もっとも一般的な方法です。
和紙を親指を人差し指で挟んで、手触りを確かめます。
そうすると片面はつるつる(表面)、もう一方はざらざら(裏面)しているのが分かります。
※和紙によって分かりやすいものと、そうでないものがあります。
判断が付きにくい場合は、和紙をひっくり返してもう一度手触りを確認します。

■肉眼での観察
和紙面に斜めから光(自然光で十分です)をあてて、観察します。
両面を比べてみて、表面が荒く見える方が裏面です。
※分かりにくい場合は、光の当て方や光量を調節すると良いです。
※厚さのある和紙は、比較的見分けが付きやすいです。

 

和紙には裏表がありますが、表情の違いや好み・用途によって「表裏を逆に使ってみる」と和紙の表情をより一層楽しめます。
是非試してみてくださいね。

和紙のQ&A:和紙と洋紙のはっきりとした違いを教えて下さい。また、洋紙はなぜ酸性紙にしているのですか?

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

 

和紙と洋紙がどのようにして生まれたかを知ると、その違いがよくわかります。

 

【和紙の誕生】

和紙と洋紙の違い(和紙の繊維)

 

和紙の起源は中国で生まれた麻を原料とする紙です。
610年にその製紙技術が日本に伝わり、独自の文化によって「和紙」が生まれました。

中国と同様に、日本では筆と墨に適する紙が求められ、より美しく書き味のよい和紙の開発が進められました。
原料は楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)の靭皮(植物の外皮の下にある柔らかな内皮)繊維が使われています。繊維は長く強靭なため、薄くても強い紙が作れます。

 

【洋紙の誕生】

和紙と洋紙の違い(洋紙の繊維)

 

中国で生まれた紙の製造法が西洋に伝わり、発展したものが洋紙です。
西洋では印刷の需要が拡大し、安定的に高品質な紙を量産できるよう改良が進められました。
主に水性インキに適する厚みや表面の滑らかさ、にじみの少なさが求められました。

原料はパルプ(針葉樹・広葉樹の幹を原料としたもの)のほか、用途に合わせて様々な薬品が使われています。
繊維は短く細いですが、1本の木から原料が多くとれるので量産に向いています。

※参考記事:和紙の原料となる楮(こうぞ)1kgあたりからA4ほどの紙は何枚ほどできるのでしょうか?

 

【和紙と洋紙の違い】

それぞれの文化に合わせて進化したことで、和紙と洋紙に明確な違いが生まれました。
まとめると下記のようになります。

 

■原料:和紙(楮・三椏・雁皮)、洋紙(パルプ)

■紙質:和紙(表面は荒く不均一)、洋紙(表面は滑らかで均一)

■繊維:和紙(繊維が長く強靭)、洋紙(繊維が短い)

■量産:和紙(不向き)、洋紙(容易)

■価格:和紙(高価)、洋紙(安価)

※参考記事:和紙と洋紙の違いとは-第2回 「 和紙ってどんなもの? 」 編

 

【なぜ洋紙は酸性紙なのか】

酸性紙の原因となっていたのは、インクのにじみを防ぐために使用される薬品です。
ご存知の通り酸性紙は経年により紙がボロボロになってくるため、現在は改良された「中性紙」が主流となっています。

寿命に関しては保存状態にもよりますが、洋紙の酸性紙は約50~100年、中性紙は約300~400年といわれています。和紙は、最も古いものが正倉院に保管されている702年(大宝2 年)の美濃、筑前、豊前の戸籍用紙。つまり1300年以上も前のものです。

 

【すべての和紙が長寿命なわけではない】

和紙といっても、パルプを混合させたものや薬品を使ってコストを抑えたものもあります。
当然ながら全ての和紙が長くもつわけではありません。

本物の和紙は薬品を一切使用せず、繊維を出来るだけ傷めないように原料処理され漉かれています。
これらの和紙は経年により原料の葉緑素がぬけ、白くなっていくことも特徴の1つ。
主に、重要無形文化財や絵画の修理修復に使われています。

※参考記事:修理修復用紙を漉いている悠久紙(五箇山和紙)見学に行ってきました。
※参考記事:10年以上張り替えいらずの障子紙!本物の和紙はこんなにも違う

 

弊社では用途に合わせた和紙をご提案・販売しております。
もしご不明な事がありましたらご遠慮なくお問い合わせください。

和紙ブーケ・花束(ピンク系の薔薇と小花)の製作事例を追加しました。

結婚1周年(紙婚式)に奥様へのプレゼントとしてご依頼頂いた、特注和紙ブーケの制作事例を追加しました。

鮮やかなピンク系の薔薇に、青い小花を加えて可愛らしく仕上げました。
結婚式で使用されたブーケをもとに制作しているので、プレゼント後には自然と式当日の話で盛り上がりそうですね。
※下記リンクより事例をご覧頂けます。

ピンク系のバラと、青い小花の和紙ブーケ(紙婚式ペーパーフラワー)斜め上から
ピンク系のバラと、青い小花の和紙ブーケ(BQ_15)
■ご用途:結婚記念日(紙婚式)プレゼント
■和紙の花について:
土佐和紙(高知県)をはじめとした国産和紙を使用して作られた花や葉。
和紙の良し悪しが仕上がりに影響するため、素材作りから染色、加工、アレンジメントに至るまで全て自社一貫制作でおこなっています。和紙の花は枯れる心配がなく、いつまでも美しく咲き続けます。

染色装飾和紙 オーダーメイド製作のご注文について

紙あさくらでは、染色和紙や創作和紙のデザインから製作まで一貫して行っております。上質な和紙の特徴を生かした彩り豊かな仕上がりは、あたたかく美しい一つの工芸品です。お客様のご要望やイメージに合わせてのオリジナル製作を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

1点から大口まで、商品に関してご不明な事が御座いましたらお気軽にお問合せ下さい。お電話・Faxでも受け付けております。

墨金彩の創作加飾デザイン和紙(S-701)金箔・樹脂の創作加飾デザイン和紙(G-703)漆の創作加飾デザイン和紙(U-709)漆の創作加飾デザイン和紙(U-703)手染め・染色デザイン和紙(D-707)その他の創作加飾デザイン和紙(E-702)押花入り

 

「染色装飾和紙 オーダー製作 : よくあるご質問(FAQ)」

 

Q. 納期はどれくらいですか?
A. 【オーダーメイド品】
仕様や数量により変わりますが、目安としては下記の通りです。
お急ぎの場合や、ご希望のお届け日がある場合には、調整も可能です。
■染色・創作和紙 約7~10日間
■創作和紙(漆・柿渋使用)約2~3週間
※いずれも納期短縮可
【既製品】
オンラインショップ「Washiあさくら」では、100種類以上の染色創作和紙を取り揃えております。
月~土曜(日祝日を除く)15時までのご注文・決済完了で即日発送可能です。染色和紙 一覧
創作和紙 一覧
Q. 主な制作の流れを教えて下さい。
A. 制作のお問い合わせをいただいてから、完成に至るまでの大まかな流れは下記の通りです。

Step1. お問合せ
ご希望の寸法と用途についてお知らせ下さい。
そのほか、仕様やデザインについてなど、ご不明な事が御座いましたらお気軽にお問合せ下さい。ご不安に感じている部分や概算見積り、納期など、何でも結構です。

 

Step2. 打ち合わせ・ご提案
お聞きしたご要望を元に打ち合わせ・ご提案を行います。

 

Step3. お見積もり・ご入金
仕様が決まりましたら正式なお見積もりをお知らせ致します。
内容にご納得頂けましたらご入金をお願い致します。
※ご入金前にキャンセルとなっても、お客様に費用のご負担はありません。

 

Step4. 製作開始
ご入金確認後、製作を進めさせて頂きます。
途中経過をメール等でお知らせしています。

 

Step5. 完成・納品(発送)
完成後、商品を発送(もしくは店頭お渡し)致します。
Q. どのくらいのサイズまで対応可能ですか?
A. 創作和紙(染め加工のないもの)は手のひらサイズの小さなものから、4m以上の大型のものまで対応可能です。染色和紙は最大約4mまでとなります。
デザインや仕様によっても異なりますので、詳しくはお問合せ下さい。
また、白無地の和紙に関しましては種類にもよりますが、幅98cm〜100cm×長さ50m内で切り売り(m単位)しております。
Q. 創作和紙や染色和紙の用途について教えて下さい。
A. 主にインテリア全般に使われています。
例えば、アートパネルやタペストリー、光壁などの壁面装飾をはじめ、衝立・屏風、作品制作の素材、撮影用の背景紙、ディスプレイ、テーブルランナーなど用途は様々です。
Q. お支払方法について教えて下さい。
A. 現金支払、クレジットカード決済(VISA、Master、American Express)、コンビニ決済、翌月後払い、PayPal、銀行振込、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、楽天ペイ、Amazon Payからお選び頂けます。
Q. デザインイメージを見ることはできますか?
A. はい、弊社オフィシャルサイト内の専用ページで一例をご覧いただけます。
そのほか、ブログでも染色・創作和紙カテゴリーにてご紹介しています。

和紙のQ&A:和紙の原料となる楮(こうぞ)1kgあたりからA4ほどの紙は何枚ほどできるのでしょうか?

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

和紙の原料となる楮(こうぞ)

 

A4用紙の種類にもよりますが、一般的な上質紙(コピー用紙・化学パルプ100%使用・重量は1枚あたり約4g程)を想定してお応え致します。

結論からいうと、楮(こうぞ)原料1㎏から、A4紙が10枚程作れます。
楮の原木を100とすると、使用出来るものは僅か4%といわれています。どれくらい少ないかというと、洋紙原料の木材パルプの場合は、原料100に対して90~95%。純度の高い化学パルプの場合は50%程が残るそうです。

つまり同じ原料の重さから、化学パルプだとなんと125枚程のA4紙が作れる計算です。
強靭な繊維を持ち、耐久性の高い和紙の貴重さが分かりますね。

 

お問い合わせ