和紙のQ&A:和紙の原料となる楮(こうぞ)1kgあたりからA4ほどの紙は何枚ほどできるのでしょうか?

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

 

A4用紙の種類にもよりますが、一般的な上質紙(コピー用紙・化学パルプ100%使用・重量は1枚あたり約4g程)を想定してお応え致します。

 

結論からいうと、楮(こうぞ)原料1㎏から、A4紙が10枚程作れます。

 

楮の原木を100とすると、使用出来るものは僅か4%といわれています。
どれくらい少ないかというと、洋紙原料の木材パルプの場合は、原料100に対して90~95%。純度の高い化学パルプの場合は50%程が残るそうです。

つまり同じ原料の重さから、化学パルプだとなんと125枚程のA4紙が作れる計算です。
強靭な繊維を持ち、耐久性の高い和紙の貴重さが分かりますね。

 

和紙のQ&A:習字に使われている半紙は純粋な和紙ですか?

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

 

今では100均でも売っている半紙。えっなんでそんなに安いの?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一言で和紙といっても、原料や配合率、製法などによって様々なものがあります。
和紙の定義が無いに等しいため「習字に使われる半紙が純粋な和紙か」を判断するのは簡単なことではありません。

 

そこで今回は、半紙の種類についてまとめました。
種類が分かるだけでも、購入の際に参考になりますよ。

 

【半紙の種類一例】
主な産地:高知、愛媛、静岡。※改良半紙は愛媛、静岡。

 

機械漉きパルプ半紙(円網み-まるあみ):表面がつるつるしている。大量生産が可能で安価なため、主に学童や初心者用として使われる。

機械漉きパルプ半紙-模造半紙(短網-たんもう):表面が手漉き和紙のような風合い。和紙に書き味も似ていることから、一般的な練習用に使われることが多い。

漢字用半紙(手漉き半紙・機械漉き):やや厚手で、表面が少々ざらつきのある風合い。原料は楮・三椏・雁皮・ワラ・パルプなど。配合や組み合わせが様々あり、書き味やにじみ具合が異なる。

かな用半紙(手漉き・機械漉き):雁皮を主原料とした薄手で、表面がなめらかで光沢がある和紙。そのほかにも楮・三椏・雁皮・マニラ麻・ワラ・パルプ等を混合させたものがあり、組み合わせによって風合いや価格が異なる。

改良半紙(手漉き・機械漉き):三椏を原料とする薄手の和紙。

 

半紙にはパルプが主原料の和紙風のものから、純粋な和紙の半紙まで、様々な種類があることをお分かり頂けたかと思います。
見分け方は非常に難しいところですが、一つの目安として「値段」があります。
書き味も異なる事から、可能であれば試し書きされる事をおすすめ致します。

 

皆さんが必要としたときに、一番求めている和紙をお買い求め頂けたら幸いです。

和紙のQ&A:和紙の耐久年数は何年くらいでしょうか?

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

 

日本で最も古い和紙は何年前の物がご存知でしょうか。
正解は、なんと1300年以上。漉かれたのは702年(大宝2年)で、正倉院に保管されている美濃国(岐阜県南部)、筑前国(福岡県西北部)、豊前国(福岡県東半部と大分県北部)で漉かれた戸籍用紙です。

 

そんな事から「和紙は1000年もつ」と言われていますが、実際には全ての和紙がそれだけの長い年月もつわけではありません。
和紙の耐久性を大きく左右するポイントは2つあります。

 

■どの様な原料を使用し、どの様な処理を行って漉かれた和紙なのか。

■保存・使用環境

 

~良質な和紙は経年に強い~

弊社でも取り扱っている灰煮障子紙使った障子は、10年経っても変色や破れがありませんでした。少なからず紫外線の影響は受けているとはおもいますが、見た目の変化がないのにはビックリですね。長持ちする和紙には

■化学薬品を一切使わないため、和紙繊維が傷んでいない

■和紙原料100%で漉いている(パルプなどを使わない)

■国内原料を使用している(日本の原料は強靭な繊維を持ち、品質が安定している)

という特徴があります。

 

長期保存を想定し、原料の選定から加工方法にこだわった良質な和紙。そして、良い使用環境であれば1000年の年月にも耐えられるのです。
文化財の修理修復で使用する様な和紙は、「いつ・どこで・誰が・どの様な原料を使って・どの様に処理して漉いたのか」を記録として残し、必要な時に手に入れられるようにしています。

 

~和紙の保存の天敵~

保存・使用環境はとても重要です。
例えば、常に太陽光にさらされているような障子紙などは、紫外線などの影響から劣化が進みやすいといえます。

■湿気・水気:カビなどの恐れがある。

■紫外線:劣化が進みやすい。

 

和紙には、安価なお土産用から長期保存を目的としたものまで様々なものが出回っています。
一概にすべてが長持ちするというわけでは無いので、用途に合わせて最適な和紙を選んで下さい。

和紙のQ&A:鳥の子紙の耐久年数はどれくらいでしょうか?

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

 

紙の色が鶏卵(淡黄色)に似ていることが語源の「鳥の子(とりのこ)紙」。
出来るだけ長く保存したいとお考えの場合は、使用されている原料に注目する必要があります。
そこで今回は、鳥の子紙の「主な用途や産地」「見分け方」「原料と価格差の目安」について解説します。

 

【主な用途や産地】

主な用途:書画、日本画、短冊や色紙、表装

主な産地:福井県(越前和紙)、兵庫県(名塩和紙)

 

【手漉き・機械漉き】

鳥の子紙は、伝統的な手漉きでつくられる「本鳥の子」、機械漉きでつくられる「鳥の子」で区別されています。

 

・本鳥の子(手漉き)特号紙・一号紙・二号紙・三号紙・四号紙

・鳥の子(機械漉き)二号紙・三号紙・四号紙・上新鳥の子・新鳥の子

 

【原料と価格の目安】

鳥の子といっても、使用する原料や配合、手漉き・機械漉きかで価格も異なります。
※価格はあくまで目安となりますので、参考までにご覧ください。

 

・特号紙(雁皮のみ)約¥14,000前後

・一号(雁皮と三椏の混合)約¥8,500前後

・二号(三椏のみ)約¥6,600前後

・三号(三椏と木材パルプの混合)約¥3,000前後

・四号(マニラ麻と木材パルプの混合)約¥2,700前後

 

・上新鳥の子(木材パルプ)約¥500前後

・新鳥の子(木材パルプと古紙)約¥300前後

 

このように、様々な種類のある鳥の子紙。
長期保存をお考えの場合は、特号紙・一号・二号の中からお選び頂くことをお勧め致します。
※ただし、原料の産地や製造時に薬品処理の有無によっても耐久性は大きく異なります。
もしご不明なことが御座いましたら、ご遠慮なくお問合わせください。

和紙のQ&A:手漉き・機械漉き和紙で値段が違うのは何故ですか?

*****日本の和紙について分からない事にお答えする「和紙のQ&A」*****

 

~手漉き・機械漉き和紙、製作工程の違い~

手漉き和紙については見たことがある方もいらっしゃると思いますが、手漉きは簀桁(すけた)という道具を使って職人さんが一枚一枚漉いています。
漉きあがって重ねた物を専用の道具で余分な水分を取っていきます。その後、金属製の乾燥機による乾燥か、もしくは昔ながらの板に貼り付けて天日乾燥を行って完成します。手漉き和紙には4辺に特徴的な耳ができ、板干しの場合は和紙の表面に薄っすらと板の目が見える事もあります。

 

一方機械漉き和紙は洋紙程ではありませんが、均一の和紙を大量に漉く事が出来ます。製造時には繋がった状態で漉かれていて、乾燥後に巻き取ってロール状にしています。あまり大きいと出荷し難いので和紙にもよりますが、大体50~100m巻きでまとめられる事が多いです。2辺に手漉き同様の耳が出来ます。

 

製造工程をかなり省いてご説明しましたが、このように機械漉きの和紙は大量生産が可能なので1枚あたりの単価が安く、その結果、手漉き和紙と機械漉き和紙の値段が違ってくるのです。

 

と、ここまでは一般的な話ですが、実際にはその先があります。

 

~機械漉き和紙でも、耐久性に優れた上質なものもある~
日本の中でもごく限られた機械漉き和紙メーカーさんで、地元産の原料に拘り、化学薬品を一切使わずに漉いている所があります。漉きあがった和紙を見ると自然な艶感、透き通るような透明感や繊維の強さが感じられます。
機械漉きは手漉きの様に“少しだけ漉く”という事が出来ないので、そのような高価な和紙を製造出来る所も限られています。

 

和紙の業界ではよく、「上質な和紙をカッターなどで切る時には、シャーと高い音が出る」と言われています。良い和紙をカットする際には、いつもその違いを実感。強靭な繊維が、複雑に絡み合って出来ている証拠です。
※ブログ記事「10年以上張り替えいらずの障子紙!本物の和紙はこんなにも違う」では、上質な機械漉き和紙をご紹介していますので合わせてご覧下さい。※当店でも障子紙のような薄手から、版画に使われる厚手まで常時取り扱っております。

 

~手漉きだから良いとは言えない。その理由~
一方で手漉き和紙であっても価格を抑える為に、原料を化学薬品で漂白し製造工程の簡素化をおこなって漉かれたものもあります。その他にも洋紙の原料でもあるパルプ(混入比率を増やす等)を入れて、お値打ち感のある和紙も市場では出回っています。誤解の無い様に言いますと、最も大切な事は用途に合わせて最適な和紙を選択する事なので、どの和紙が良い悪いという訳ではありません。安くても表情や質感が面白い和紙もありますし、何より気軽に使える事が嬉しいですよね。是非色々な和紙に触れて頂きたいなと思います。

 

つまり、機械漉き=安価な和紙というイメージがありますが、これは実際のところ、そうとは言い切れないのです。

 

私たちが和紙の品質を確かめる際にも、手漉きや機械漉きの判断ではなく、どのような原料をどのように処理をして和紙を漉いたのかを見ています。また、弊社では染色や加飾等の加工も行っているので、上質な和紙とそうでない和紙の違いが加工時に明らかになる事も多いです。参考になりましたら幸いです。

お問い合わせ